So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

1000 days to go! [Sports]

東京2020大会の開幕までちょうど1000日前。
日本橋で「みんなのTokyo 2020 1000Days to Go!」が開催されたので行ってみました。

2017102801.jpg
雨の中、日本橋に山車が登場して、4台の山車が並ぶと、「1000」という数字に!

2017102802.jpg
デーカウンターも登場。

2017102803.jpg
3×3(3人制のバスケットボール)のデモンストレーションで海老蔵がシュート!
nice!(0)  コメント(0) 

小樽の手宮線跡 [のりもの]

2017091001.jpg
北海道の小樽に行って、小樽運河などの歓呼名所からちょっと外れた所にあるのが、旧手宮線の配線跡。

北海道で採掘された石炭は、小樽港から船で運ばれていましたが、小樽港までは、鉄道で運ばれていました。

手宮線は、旧国鉄が南小樽駅から手宮駅を結んでいた貨物線。北海道の最初の鉄道で、石炭や海産物の積み出しで賑わっていました。

しかし、石炭等の採掘が少なくなり、1985年(昭和60年)11月5日に廃止となりました。
2017091002.jpg
<旧手宮線>
 明治13年(1880)10月24日。アメリカから輸入された蒸気機関車「弁慶号」が試運転を行い、人々に初めて公開された日です。
 無事、試運転を終えて1ヶ月後の11月28日、北海道で最初の鉄道が手宮と札幌の間に開通しました。開通当時は1日1往復で、停車場は手宮・開運町(今の南小樽)・銭函・札幌の4ヶ所、料金は(手宮~札幌)は上等1円 所用時間は3時間でした。
 当時の多くの資料は「小樽市総合博物館」に展示されています。
小樽市

現在は踏切なども含めてほとんどの廃線跡が保存されており、自由に散策することができます。

2017091003.jpg
こちらは、復元された「色内(いろない)駅」

2017091004.jpg
これは、有名な「小樽運河」。

当時は、大きな船を沖に泊め、はしけを使って荷揚げしていました。

取り扱う荷量が多くなり、運搬作業を効率的に行う必要が出てきたことかあ、艀が接岸できる距離を長くするために、海面を埋め立てることによってできたのが小樽運河です。
nice!(0)  コメント(0) 

パラリンピックもあと3年 [Sports]

2017082501.jpg

パラリンピックもあと3年。3年前イベント準備中…
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -